HOME
会津米TOP
Product&Shopping
会津米のご案内・ご購入
Rice Farmer
米作り
About Ishii
いしいのご紹介
Secure
安全への取り組み
From Aizu
会津はいま…
Labo
お米研究室
Link
リンク
会津米TOP > ブログ > いしいの紹介
店主のブログ
カートを見る
ただ今おすすめはコレ!
玄米
精米
会津のうまいもの
豆類
大量のご注文を
ご検討の方へ
ご来店の方へ
電話でのご注文お問い合せ
0120-26-0651
ご注文ガイド
・送料 ・お支払方法
facebook

営業日のお知らせ

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

写真

  • DSC03750-2.jpg
  • DSC03757-2.jpg
  • DSC03628-3.jpg
  • IMG_1634-5.jpg
  • DSC03607-4.jpg
  • DSC03594-1.jpg
  • DSC03424-3.jpg
  • DSC03407-2.jpg
  • DSC03401-1.jpg
  • DSC_0080-3.jpg
  • DSC_0073-2.jpg
  • DSC_0064-1.jpg
  • 135-123.jpg
  • 014-456.jpg

最近のコメント

アーカイブ


変化

4月の半ばを過ぎました。

少しずつ会津盆地の田んぼに変化が表れてきました。(別な場所では、田に植えられる苗が着実に生育しています)

船田さんの田んぼ周辺はままだ田越し作業は行われていませんが、広い会津盆地では少しずつ田越し作業が始まりました。

田起こしの目的は、カチカチに固まった田をほぐし、土に空気を入れ、稲の生育を助ける微生物の活動を活発化にさせるためです。これからの時期は、トラクターが転々と落としていく泥で農道がドロドロになっていきます。この時期のいつもの風景となります。



DSC03757-2.jpg
田んぼ表面の緑色が目立つようになってきました。



DSC03750-2.jpg



Ishii (2018年4月20日 23:07) | コメント(0) | トラックバック(0)

炊くとは

本日の船田さんの田んぼです。

DSC03594-1.jpg




あぜにあるモグラの穴から水が漏れないように、田起こし前のあぜ補修は重要です。



DSC03607-4.jpg

今日はお米を火を使って「炊く」について書きたいと思います。

「ご飯を炊く」の「炊く」とは米をご飯に変える工程をさして云いますが、「煮て、焼いて、蒸す」の三つの工程をまとめたものを指します。美味しいご飯は、これらの工程が絶妙なバランスでコラボした結果としてできあがります。

この3つの工程を進めるには「火」が大事な役目を果たします。

昔から「初めちょろちょろ中ぱっぱ赤子泣いても蓋取るな」と云う言葉があります。これは、火加減を表したもので、実際にガスでも薪等を使って炊いてみても、なるほどなぁ~と納得する節はあります。(かなりおおざっぱな炊き方を示したものだなぁ~とも思いましたが。後は、毎日炊くものなので、経験値ですね。)

火加減さえ上手にコントロールできれば、どんな状況でも美味しく炊けます。




まず「初めちょろちょろ」の部分につてですが、これは「炊く」のうちの「煮る」の一部分で、お米の浸っている水が沸騰するまでを指し、具体的には約8分~10分以内で沸騰させます。短すぎても長くてもだめで、程よい時間というものが存在します。沸騰させるためには、燃料を沢山使って火力を強くします。




次に「中ぱっぱ」の部分は「煮る」と「焼く」を指していて、沸騰した釜の中の米を引き続き煮て焼き上げることを指します。具体的には5分以内で煮焼き上げます。強火だった火を、この場面では中火ぐらいに押さえます。(5分以内で焼き上げる火力と云ったほうが良いかもしれません。難しく聞こえるかもしれませんが、何度かやるとコツをつかみます)焼き上がった合図は、沸騰していた蒸気が少なくなり、釜が焼ける「チチチ・・・」と云う音です。この音が聞こえたら、火を引いてごく弱火にします。

ここから蒸らし終了まで、木蓋を開けてはいけません。





最後に「赤子泣いても蓋取るな」の部分は「蒸らし」の部分を指し、かすかな火で15分間釜の余熱がなくならないように蒸らします。





上記が火を使って「炊く」です。





この基本が押さえてあれば、お米を入れる容器は羽釜でも空き缶でも鍋でも火に耐えられる容器を使って、お米を炊くことはできます。

ただ、電気炊飯器のように毎回同じように炊きあがることはないかもしれませんが、逆に水加減、火加減を自分で考えコントロールして炊くおもしろさを知ることができます。

火を使ってご飯を炊くと云うことをあまりしなくなった私たちでありますが、いざという時や、アウトドアを楽しむ時のために知っておいてほしいと思います。

IMG_1634-5.jpg

これは「むし釜」と言い、70年前ぐらいまでは、かなりのご家庭で使用していたものです。

今でも寿司屋、鰻屋などで使っているところもあるようです。(数的には少ないと思いますが)



お米を炊くにはお米の研ぎ方、お米を水に浸す時間や、水の量など、お米の性質から注意した方がよい点が色々あります。

この部分については、HPに記載されているのでご覧いただけると幸いです。



本日のお花です。

DSC03628-3.jpg

鶴ヶ城は満開です。


Ishii (2018年4月13日 17:27) | コメント(0) | トラックバック(0)

田んぼ 定点観測

昨日に引き続き、船田さんの田んぼです。

毎日見ているとあまり変化がないように思えますが、昨晩から降った雨のお陰で土手の草丈がちょっと伸びてました。



DSC03401-1.jpg

日の出前の静寂した田んの空気(匂い)や鳥の鳴き声等、その空間の全てが心を無にしてくれます。




土筆が大群でいました。

土筆は食べる事ができると聞いていたのですが、料理をしたことがない食材だったので、採取してきませんでした。

DSC03407-2.jpg




椿も開花です。

DSC03424-3.jpg

一斉に花が開花です。


Ishii (2018年4月 7日 23:20) | コメント(0) | トラックバック(0)

豊熟米コシヒカリを生産する船田さんの田んぼ

本日の船田さんの田んぼです。


DSC_0064-1.jpg



この時期では考えられない初夏を思わせる気温が続いたことで、田植えの時期が悩ましいところです。

想定外に対し、生産者は今までの経験を基に予測、予想を当てはめていかなければならないのは大変です。それでなくても、ここ数年は気候環境の変化が著しいので。




会津磐梯山をバックに。

DSC_0073-2.jpg

(正面のに写る三角形が磐梯山です)




本日は公立小中学校の入学式でした。

入学式と言えば肌寒いイメージがつきものですが、本日は暖かくサクラにも恵まれ、晴れの日には相応しい一日となりました。

DSC_0080-3.jpg

会津でこの時期にサクラが開花しているのは、超レアな事です。

種まき桜も咲いたことから、これから益々田畑は忙しくなります。




Ishii (2018年4月 6日 20:29) | コメント(0) | トラックバック(0)

田植え

 豊熟米コシヒカリの田植えが終わりました。



 植えたばかりの丈の短い弱弱しい苗が、数週間後にはしっかり根を張り、それと並行しグッと背丈を伸ばし青々し姿に変えていきます。

 日に日に田んぼが茶色から緑に変わっていく光景は、生きるエネルギーを貰えるようでとても好きな光景です。



 これからは、お天道様の声と苗達の声に耳をすませながら、美味しいお米の収穫に向けてのサポートの開始です。




 

 さぁ~、始まりです。





135-123.jpg


Ishii (2017年5月31日 16:59) | コメント(0) | トラックバック(0)

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

ページの上へ▲
HOME
会津米TOP
Product&Shopping
会津米のご案内・ご購入
Rice Farmer
米作り
About Ishii
いしいのご紹介
Secure
安全への取り組み
From Aizu
会津はいま…
Labo
お米研究室
Link
リンク