HOME
会津米TOP
Product&Shopping
会津米のご案内・ご購入
Rice Farmer
米作り
About Ishii
いしいのご紹介
Secure
安全への取り組み
From Aizu
会津はいま…
Labo
お米研究室
Link
リンク
会津米TOP > ブログ > お米研究室
店主のブログ
カートを見る
ただ今おすすめはコレ!
玄米
精米
会津のうまいもの
豆類
大量のご注文を
ご検討の方へ
ご来店の方へ
電話でのご注文お問い合せ
0120-26-0651
ご注文ガイド
・送料 ・お支払方法
facebook

営業日のお知らせ

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

写真

  • DSC04269=3.jpg
  • DSC04266-6.jpg
  • DSC04275-4.jpg
  • DSC04251-1.jpg
  • DSC04259-3.jpg
  • DSC04186-1.jpg
  • DSC04183-5.jpg
  • DSC04175-1.jpg
  • DSC04176-2.jpg
  • DSC04179-4.jpg
  • DSC04152-1.jpg
  • DSC04157-2.jpg
  • DSC04169-4.jpg
  • DSC04163-3.jpg
  • DSC04130-1.jpg
  • DSC04145-3.jpg
  • DSC04135-2.jpg
  • DSC04079-1.jpg
  • DSC04085-2.jpg
  • 描画2-2.jpg
  • securedownload1-3.jpg
  • 描画1-1.jpg
  • DSC03941-6.jpg
  • DSC04012-4.jpg
  • DSC04017-2.jpg
  • DSC04022-1.jpg
  • DSC04025-1.jpg
  • DSC04001-1.jpg
  • DSC03974-2.jpg
  • DSC03973-1.jpg
  • DSC03879-2.jpg
  • DSC03870-1.jpg
  • 112-1.jpg
  • DSC03775-1.jpg
  • DSC03794-4.jpg
  • DSC03787-3.jpg
  • DSC03783-2.jpg

最近のコメント

アーカイブ


みなも

本日の午後からの雨は酷いものがありました。

ゲリラ雨とはこのことを云うのか、と実感した急な大雨でした。(通り雨と云ったレベルではないですね)

当店周辺は大きな被害も無く雨が過ぎって行ってくれたので幸いでした。







田んぼの水面に映る景色は美しいものがあります。

DSC04259-3.jpg



いつもの角度から。

DSC04251-1.jpg



船田さんが育苗しているハウス内から、隣で代掻き作業している方のトラクターを一枚。

DSC04266-6.jpg



苗は毎日違う顔をしています。

DSC04269=3.jpg


Ishii (2018年5月18日 23:59) | コメント(0) | トラックバック(0)

田に水が入る

本日は日中、田んぼへ出向きました。

朝とはまた違った雰囲気です。



少しずつ田に水が入っていました。

DSC04179-4.jpg




水口はこんな感じです。

DSC04176-2.jpg





いつもの角度から。

DSC04175-1.jpg



本日の会津の気温は28度ぐらいです。

ハウスサイドは開放中です。

DSC04183-5.jpg

DSC04186-1.jpg

苗の葉が幅広くなって、たくましくなってきています。


Ishii (2018年5月15日 16:08) | コメント(0) | トラックバック(0)

温度管理と水管理

苗を適切の育てるためには、適切な温度管理、水管理が大切になってきます。

苗は出芽期、緑化期、硬化期と分類され、それに応じた管理があります。

ブログでは緑化期からの紹介でした。現在は硬化期に入ります。



先週は日中の外気が10度も満たない日があったり、20度以上の日があったりと変化が激しいので、生産者の方々は管理が大変です。

硬化期に入ると、ハウス内の温度は日中は20度~25度、夜間は10度以下にならないようにしなければなりません。

このような管理をしてくださっているので、毎朝一定の時間(朝5時30分頃)にハウスに入ると、ほぼ同じ気温に感じます。

 

今日はハウスサイドの窓が開けてありました。

DSC04163-3.jpg



DSC04169-4.jpg


DSC04157-2.jpg


本日の船田さんの田んぼ。

DSC04152-1.jpg


Ishii (2018年5月14日 15:14) | コメント(0) | トラックバック(0)

苗踏ローラー

ハウス内の苗には田んぼに移る前に試練があります。

それは、「苗踏み」なる試練を定期的に受けなければなりません。




苗箱には通常の農作物より密集して種が蒔かれているので、必然的に密集して生育します。そのため、約1カ月の育苗期間ではどうしても徒長してしまいます。

(徒長とは肥料の過多や光線の不足などが原因で、植物の茎葉が長く間伸びした状態を言います。)

徒長してしまうと苗が軟弱くになってしまうので、そのようにしないために苗踏みローラーを使って苗を倒しストレスを与えます。苗の上から力がかかることで、植物内ではエチレンというホルモンを分泌し、自分の苗を強靭にしようとします。



船田さんでは1週間に1回は苗踏みをしているそうです。

苗踏みローラーは意外と重く、15K以上あると思います。(色彩が優しいので簡単に移動できると思ったら大間違いで、腰をおろして両手を添えてしっかりと持ち上げないといけないくらい重かったです。)

こんな重いローラーの試練を受けた後、雨風にさらされる田に移されるのです。




DSC04135-2.jpg


苗踏みローラーに耐えて強靭になっている苗です。

DSC04145-3.jpg



本日の船田さんの田んぼ。

DSC04130-1.jpg




Ishii (2018年5月12日 07:34) | コメント(0) | トラックバック(0)

田起こし その2

寒い日がここ数日続きます。

最高気温でも10度にいたらず、風も強かったので寒さが厳しかった一日でした。

会津盆地の田起こしはほとんどの田んぼで終わりに近いです。

身近で見ると迫力があります。

描画1-1.jpg

トラクターを使って田起こしをする場合、田はある程度乾燥し硬くなっていることが大切です。

ぬかるんでしまいトラクターが埋まって立ち往生してしまうと、作業効率が悪くなってしまうのです。

微妙な硬さが必要なようです。




securedownload1-3.jpg


上手ですね。
描画2-2.jpg




本日の船田さんの田んぼ。
DSC04079-1.jpg




本日は鉛筆を持ってきました。

苗丈は約10cmです。
DSC04085-2.jpg




5月1日の写真が下記です。
順調に生育しているのがわかります。


DSC03941-6.jpg


Ishii (2018年5月10日 23:37) | コメント(0) | トラックバック(0)

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10

ページの上へ▲
HOME
会津米TOP
Product&Shopping
会津米のご案内・ご購入
Rice Farmer
米作り
About Ishii
いしいのご紹介
Secure
安全への取り組み
From Aizu
会津はいま…
Labo
お米研究室
Link
リンク